多くのサポーターと共に

こんばんわ、工藤です。
最後のホーム戦も間もなくとなってきました。

今シーズンのゼルビアは、勝負の年ということもあって選手とプロ契約をするという形で望んだわけです。

シーズン前、グループミーティングを行った際に、全選手のチャントを作ってみてはという案が出たんですが、これに対して活躍してから作っても遅くないという意見や、プロなのであれば尚のことといった意見もありました。

まぁこれらの意見は例年通りなんですが、でも今シーズン集まった選手達って色んな想いを背負ってゼルビアのエンブレムを胸に付けて戦う覚悟を決めて来てくれたはずなんですね。

そんな選手達のことを考えた時に、彼は仲間で彼はまだ仲間じゃないなんてことではなく、ここに集まったみんながFC町田ゼルビアなんだ!という声が上がり、その言葉に多くのメンバーが賛同をしたので全員分のチャントを作りました。

連勝に喜んだり、連敗で苦しんだり‥初出場した天皇杯で、Jチームとのガチンコ勝負で勝利出来たのも、彼らがここまで強い気持ちを持って望んでくれたからこそ。


まだアウェイでの試合も1試合残してますが、多くの町田のサポーターが選手達に対して、声を合わせ応援出来るのも明日で最後となるでしょう。

13時のキーパーのアップ時から、全選手のチャントを歌っていきます。

選手チャント GK&DF編
選手チャント MF&FW編

歌った覚えのない選手のチャントも上記よりご確認いただき、皆で感謝の気持ちを込めて歌っていきましょう。

また新人監督ながら、ここまでワクワクするサッカーを指揮してくれた相馬直樹にも当然ね。


明日の麻溝、皆の声で包んでやりましょう。
それでは、また12時間後。


~コールリーダー 工藤~




 相模原の中心っぽいところで町田への愛を叫ぶ

こんばんわ、工藤です。
試合会場には、ちゃんと赴いてますがブログはかなりのごぶさたとなってしまいました。。

さて、そんなJFL2年目も残すところ2試合。
ホームでの試合は、21日の対佐川戦で最後となります。

色々と書きたいこともあるのですが、原点回帰の意味で自身のブログにあげた記事を読み返してみました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
217970363_57s.jpg
とある残暑の厳しい日曜の昼下がり。
とあるカテゴリーに所属する
とあるチームの優勝見届けた。


UEFAチャンピオンズリーグでもなく
世界最強と呼ばれる国のリーグでもなく
日本のトップリーグでもなければ、2部でもなく
ともすれば、誰も気に掛けないようなリーグでの優勝。

でも、そこには1,200人もの人が集まりその瞬間を目撃し、1シーズン目標に向かって突き進み獲た結果を共に喜んだ。


トップであろうと、下部であろうと
ましてや、プロであろうと、アマチュアであろうと関係ない。

とある人が言っていた言葉が脳裏に浮かだ。





とある残暑の厳しさから逃れた部屋で、窓からそよぐ風を感じながら色んなことを考えた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2006年当時、駒沢で関東1部昇格を決め、野津田での最終戦・対全神栖で勝利し関東2部リーグでの優勝を遂げたあの日。

伝統あるクラブとはいえ、1社会人チームに過ぎないゼルビアが、町田に、この街からJリーグのチームを作ろうと、ガムシャラに突っ走ってきた。
そんな男達の姿がそこにあった。

夢を夢のままでは終わらせない、彼らの情熱が伝わってきたからこそ俺はこの人生を彼らと共に歩もうと決意した。

あれから4年、FC町田ゼルビアは戦う舞台をJFLに移し現在3位の位置につけ、次節佐川との直接対決を制せば、2位に返り咲くことができる。
プロであろうと、アマチュアであろうと関係ない。
少しでも高みを目指して、ピッチで選手達は明日を信じ戦い続けてる。

んじゃ、俺達サポーターはどうするの?
でっかい声出して『頑張れー!』って声かけてやろうよ。

歌い続けて、俺達はあいつらのそばにいるんだって気づかせてあげようよ。

相模原であっても、俺達の町田への想いは変わらないはず。

お前らのこと愛してるんだー!って叫んでやってやろうぜ!



俺達町田の夢を、終わらせないためにも。



~コールリーダー 工藤~


 松本戦

こんばんわ。

まずは、先日のバナー掲出のお願いにあたり、沢山の皆さんにご協力頂き本当にありがとうございました。

そんな試合もいよいよ明日に迫ってきました。 


集中応援エリアに集まって、皆で応援しましょう!

チャントが分からないという方は、まずは手拍子から始めてください。

チャントに合わせた振りが分からないという方は‥というか、振りなんてものが無いので全然気にせずに入って来てください。

そして、青いシャツを持っていなくて躊躇されている方でも全然問題ありません!

『選手を応援したい』
『町田が好きだ』
『ゼルビアを勝たせたい』

明日は、色んな想いを、声援、手拍子に乗せて頑張る選手達へ送りましょう。


俺達の野津田に響かせる声は、俺達町田です。

皆で最高の雰囲気を作りましょう!


※朝9時頃よりフェンスの目隠しシート設置作業を行っています。

朝も早いのですが、お手伝いいただける方はゼルビスタ待機列へお集まりいただけると幸いです。


~コールリーダー・工藤~

 前期・第4節

こんばんわ。

長崎の夜も更け、いよいよ明日は序盤にトラッパートーニ‥もとい、序盤にして山場を迎えます。

石垣島で共にJFLへ昇格をし、J準加盟をしている同士であると同時に、順位こそ違えど今シーズンここまで2勝1分けと五分の成績。

過去の戦績も、PKなどで決着はついているものの、引き分けだらけと全くの互角といったところでしょうか。

そんな好敵手である、長崎と白黒つけるべく選手の力になれるよう皆で応援していきましょう!

長崎に来られない皆さんは、どうか西の方向に気持ちを送ってください。


ここ長崎から、世界を見据えた漢・坂本龍馬のように、そして名将・トラパートー二のような漢にするためにも、俺たちの相馬直樹監督を支え盛りたて、そして町田ゼルビアを勝利へと導きましょう!


~コールリーダー 工藤~

 エール交換について

おつかれさまです。

今日は年度末に加え、お客さんの廃業に伴う駆け込み需要による大量出荷にあい、てんてこ舞って目が回る忙しい一日となりました。


さて昨日のエントリーにて、エール交換についてコメントいただいたので、コメント覧で返すだけでは想いも伝わりづらいと思い、私の想いを上げさせていただきます。


昨年ゼルビアは、初めてのJFL舞台を戦ってきたわけですが、選手もそうだったと思うのですが、我々サポーターも初めての全国リーグに、楽しみの反面戸惑っていました。

それは昨シーズンの開幕戦のことでした。
試合前、対戦相手である佐川印刷のサポーターの方から「マチーダゼルビア」とコールをしていただいたのです。

私達は、どうかするとJFLを腰掛けにして、その先を目指そうとしているチームです。
そんなチームに対して、JFLの先輩である佐川印刷のサポーターの方は、私達にコールをして迎え入れてくれたのです。

この時に、胸の高鳴り覚えたのですが、もちろんその割合の多くは今後のゼルビアの活躍に対するものなんですが、この先にどんなことが待っているのかとワクワクしたことを昨日のことのように覚えてます。

それからも、続くアウェイの地に訪れたソニー仙台、MIOびわこ草津のそれぞれのサポーターの方にも、ゼルビアコールをしていただきました。

私が赴けなかった試合でも、多くのチームのサポーターの方達に暖かく迎えられて、応援しているチームは違えど、サッカーを通じてこういう形で交流出来ることに幸せを感じました。


対戦相手は、あくまでも対戦相手であって敵ではないんですよね。

それを教えてくれたのは、他ならぬJFLのサポーターの皆さんでした。


去る土曜の試合ですが、縁あってご挨拶の出来た金沢の皆さんだったので、今度は私達が今まで受けたことを彼らにしてあげる番だと思い、色々と考えた結果あのタイミングでの「ツエーゲン金沢」コールとなったのですが、結果として反応は無かったので、多くの方にご迷惑を掛けてしまったことに、拡声器を持って先頭にいる人間として、もう少し色々と考えなければならないと反省しました。

しばらく、エール交換については様子をみていこうとも思いますが、二度としないという判断は出来かねます。
それは私達が昨年、多くのサポーターの方から受けたエールに対してお尻を向けることになってしまうからです。


以上、長くなってしまいましたがご理解いただければ幸いです。


~コールリーダー 工藤~

-->
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
コンテンツ
CURVA MACHIDAとは?

チャント・コール集

小学生以下のサポーターの保護者様へ

バナー
FC町田ゼルビア公式サイト

町田市公式サイト

CURVA MACHIDA公式サイト

ポイ捨て禁止
検索フォーム
リンク
QRコード
QR