FC2ブログ

2018シーズンを振り返って

FC町田ゼルビアサポーターの皆様、こんにちは。

2018年も残すところあとわずかとなりました。

J2での3シーズン目を迎えた2018年。
J2昇格後、初の開幕戦勝利で好調な滑り出しとなりました。
途中、連敗が続き、苦しい時期もありましたが、粘り強く勝ち点を積み上げ、シーズン途中には首位に立ちました。
そして、優勝への可能性を残して迎えた最終戦。
惜しくも優勝を逃しました。
あと一つ、目の前の優勝に手が届かず、悔しさが残るシーズンとなりましたが、それでも今シーズンの4位という結果は、過去最高の順位であり、誇るべき結果だと思います。
優勝を掴み取る事は出来ませんでしたが、最終戦まで優勝への望みを持って戦えたのは、ピッチで頑張ってきてくれた監督、選手たちのおかげです。本当に感謝しかありません。
今シーズンもありがとうございました。

サポ-ターも引き続き、様々な取り組みを行ってきました。
開幕戦ではバス待ちと市章バンデーラを取り入れたコレオグラフィー実施し、劇的な勝利で最高のホーム開幕戦を迎えることが出来ました。
今年は決起集会を何度かアウェイゲームで行ってきましたが、どの会場でも多くのサポーターの方に集まっていただきました。試合前から熱い応援でアウェイの会場でもホームゲームのような熱い雰囲気を作り出せました。
また、今シーズンもこども楽器体験を実施し、幅広い年代のサポーターの方に応援に触れてもらう機会を設けました。
最終戦では、町田サッカー協会の記念試合ということで、設立年の1968を取り入れたコレオグラフィーを実施しました。

この他にも様々な活動を実施してきましたが、今シーズンもこのような活動が実施出来たのもご協力いただいた皆様のおかげです。
皆様のご協力、本当にありがとうございました。

今シーズンは、本当に悔しいシーズンとなりましたが、この経験を、しっかりとこの先に繋げていくことが重要です。
あと1勝、あと1点が取れず、悔し涙を流しました。シーズンが終わった時に後悔がないように、すべての試合で全力を出し切ることの大切さを改めて感じるシーズンとなりました。
この経験を糧にして、今年掴み取れなかった『優勝』。そして、その先のJ1の舞台にむけて、邁進してきましょう。

そして、ピッチ外でもチームに大きな動きのあるシーズンとなりました。
シーズン途中の発表で期待と不安が入り混じりましたが、横断幕でも出したように『新たな同志と共に 町田から世界へ』というメッセージの通り、様々な環境の変化がある来シーズンになると思いますが、我々は町田のクラブとして町田のアイデンティを持ち続けてこの先もチームと共に歩んでいきましょう。

2019年も、皆様が怪我や病気もすることなく健康でサポート活動を楽しめるような、幸せな一年であるように祈っております。

それでは、皆様よいお年を。

~CURVA MACHIDA・双木和也~


-->
最新記事
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
コンテンツ
CURVA MACHIDAとは?

チャント・コール集

小学生以下のサポーターの保護者様へ

バナー
FC町田ゼルビア公式サイト

町田市公式サイト

CURVA MACHIDA公式サイト

ポイ捨て禁止
検索フォーム
リンク
QRコード
QR