スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 天皇杯2回戦 名古屋グランパス戦について

FC町田ゼルビアサポーターの皆様、こんにちは!

先日のJ3第27節アウェイY.S.C.C.戦では、町田から三ツ沢までの往路にて「電車でGo」を実施いたしましたが、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
お陰様でアクシデントやトラブルもなく無事に行くことができました。また、道中では「今日ゼルビアは試合なんですか?」と通行人の方から声をかけていただき、いいアピールになったと思います。
試合は退場者を出し苦しい展開ではありましたがチームは粘り強く戦い、大事なリーグ戦の再開を勝利で飾ることができました。シーズン佳境の第三クール、更に熱い応援で盛り上げてまいりましょう!


さて、大事なリーグ戦が再開された直後ではありますが、今週は天皇杯の試合があります。
ようやく上位カテゴリーのクラブと対戦することができるこの天皇杯2回戦ではクラブとしてのポテンシャルや現在地を図るためにも意義がありますし、チームの底上げにも繋がり、カップ戦を勝ち進むことで得る勢いはリーグ戦でも追い風となる筈です。
そして、東京都代表として「FC町田ゼルビア」の名を全国に知らしめる絶好の機会でもあり、「町田」の誇りをかけた試合になるだろう9/9(水)天皇杯2回戦、名古屋グランパス戦に向けて、町田サポーターの皆様にお知らせとお願いごとがあります。

●いつも以上の声と手拍子で後押しを!
天皇杯2回戦の試合会場名古屋市港サッカー場は鳴り物の使用が禁止で、拡声器や太鼓・シンバルやトランペット等が使えません。

ただでさえ応援のリズムがバラつき易くなる鳴り物無しの上、対する相手はJ1名古屋のサポーターです。非常にクオリティーの高い応援を誇る名古屋サポーターに鳴り物無しで挑まねばならないわけです。
気を抜けば応援をかき消されてしまうかも知れず、サポーターにとっても難しい試合になるかと思いますが、この難しい試合の趨勢を左右するのは一人ひとりの声と手拍子だと言っても過言ではないです。

ですので、「いつも以上の声と手拍子で後押しを!」とサポーターの皆様にお願いを呼びかけさせていただこうと思いますが、具体的なお願いは以下の通りです。

手拍子は頭の上で!
手拍子は自分の胸の前や低い位置で叩いていると、それだけ音が届く範囲も狭くなり、場合によっては前に立っている人で音がはね返ってしまいます。
手拍子を少しでもより大きく響かせるために、腕を高くあげ自分の頭上で手を叩きましょう。

声は腹から!
試合の最後まで声を途切れさせずにチャント・コールをし続けるためには、喉で声を出すのではなくお腹から声を出すイメージで響かせた方が、長く歌い続けられます。
また、腹から出した声は太く響くので、ピッチにサポーターの声を届けるためにも有効な方法ですので意識して声出ししていきましょう。

ゴール裏中央に密集を!
バラバラの場所で応援していると声もまとまらず散ってしまいますので、少しでも町田サポーターで固まって密集し声出ししましょう。
また、近くに大きな声でコールするサポーターがいるとそれに引き上げられ周りのサポーターの声も大きくなっていき、密集すると声に相乗効果がでます。
それから、今回は拡声器や太鼓による応援の統率がとれない分、少しでも密集することで一体感のある応援を皆で作っていければと思いますので、よろしくお願いします。


以上、具体的にお願いをさせていただきましたが、今回の名古屋戦は、サポーター一人ひとりの熱い気持ちにかかってくる試合です。
こういった環境下で、J1の強豪と対戦できるということは、選手らチームだけでなくサポーターにとっても大きな財産となることでしょう。

しかし、我々はただ経験を得るために名古屋に行く訳ではありません。
何よりも勝利を目指し全力で挑み、これまで以上に熱い気持ちを持って戦いに名古屋へ行きましょう。
勝利を目指さない試合で得る経験はなく、勝利を目指さないチームに成長はないですし、それはサポーターも同じです。

勝つために名古屋へ行きましょう。
そして、勝つための応援をしましょう。

ご協力何卒よろしくお願い申し上げます。




それから、もう一点サポーターの皆様にお知らせとお願いごとがございます。

今回の天皇杯2回戦では距離や時間の関係で、自家用車を運転し名古屋まで遠征される方が多いと想定されます。
ですので、改めて町田サポーターには以下のお願いを呼び掛けさせてもらおうと思います。

●道中は安全運転で!
特に台風が接近しているとの情報もあるので、無理はせず時間に余裕を持って安全運転で名古屋へ行き、町田まで無事故で帰ってまいりましょう。

京都サポーターが行っている交通安全運動「かたつむり大作戦!」に弊団体CURVA MACHIDAも賛同し協力していますが、こちらの交通安全運動でも言われているよう、
「運転手は無理をしない」「同乗者は無理をさせない」「後部座席はシートベルトを締める」
の三つを守り、ゆっくり遠征を楽しみましょう。

天皇杯の舞台で試合を楽しむのも熱く応援するのも、安全な道中があってこそです。

今回の名古屋遠征は今まで以上に道中を気を付けてまいりましょう。

皆様のご協力何卒よろしくお願い申し上げます。


~CURVA MACHIDA~

*天皇杯2回戦での応援活動に関するご質問・お問い合わせはこちらにお願いいたします。


-->
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
コンテンツ
CURVA MACHIDAとは?

チャント・コール集

小学生以下のサポーターの保護者様へ

バナー
FC町田ゼルビア公式サイト

町田市公式サイト

CURVA MACHIDA公式サイト

ポイ捨て禁止
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。