スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 遠方アウェイが終わり・・・

あ、どもども。
超お久しぶりの登場のユウざんす。

皆様、お元気にお過ごしでしょうか。
インフルエンザのワクチンを早めに打って、残りの試合に備えられることをお勧め致します。
私も近々、数年ぶりにワクチンを打とうと考えております。
寒い時期になり、体調管理が難しくなってきましたが、残り試合数もわずかになってまいりましたので、ラストまで選手と共に駆け抜けていきましょう。


う~ん。。。超久々にCURVA Blogに登場したのですが、何から書けばいいのか(苦笑
今回もメッチャメッチャ長いのですが、残り試合が少ないので、メッチャメッチャメッチャ長い訴えかけでも最後までお付き合いいただければ幸いです。

さて、駒沢も一応はアウェイだったので、讃岐戦までアウェイ3連戦でした。
どういう手段を取っても疲れるし、金のかかる行きにくい遠方の場所は、まぁ、簡単に集まれる場所では無いですよね~。
でも、今年は凄いなぁ~とホントに強く感じているのが、そんな遠方アウェイでもJFL過去2年に比べて本当に多くの人が集まるようになったということです。
当然、近場のアウェイに集まる人はさらに増え、ホームゲームはさらにさらに増えたわけです。

今季、コールリーダーになった時に考えたことが、やはりまずは“Jリーグ昇格”という部分でした。
皆さんよくご存じの通り、準加盟クラブには財務、スタジアム、観客数、そして順位など様々な条件が課されます。
しかし、町田の場合は最大の難点であるスタジアム問題がどのような経過を辿るのか、今季最初の段階ではまだ不透明でした。
なので、コールリーダーという立場になり、そういうサポーターの直接の力だけでは、なかなかクリアが難しい諸条件が不透明な時に、我武者羅に昇格昇格と言っても難しいと思いました。※署名活動のような間接的な支援による力は別の話です。
まぁ、もしも、シーズン中に開催される町田市議会で、「財政的に無理だ!」と結論付けられたら・・・ということです。
そうなってくるとおのずとやらなければならないことは見えてくるわけで。
今季目指す上でも、仮に来年以降になったとしても変わらぬ風景を作る必要があると考えました。
それが、町田の試合があれば、いつでも当たり前のようにやってやろうぜ!という“応援”の部分でした。
昇格は一つのステップアップでしかありません。都リーグから関東リーグ。関東リーグから地域決勝を経てJFL。そしてJFLからJリーグ。いつの時代もステップアップです。
上に上がれば規模は大きくなっていくし、必要となってくることも多くなってくる。
成績や財務をクリアすればよかった、これまでの昇格とはJリーグ昇格は訳が違う。
Jに昇格すれば近隣のJクラブと応援の面でも戦っていかなければいけない。
しかし大きく増えたとは言え、今の声出しの人数規模でもまだまだ非常に難しい。
楽しさはあるかもしれませんが、数的にホームなのに相手の声援に押されるのは目に見えています。長野県の松本市の某クラブが7月末にやってきましたが、規模的に同じか、それ以上のサポーターが、Jリーグでは野津田に訪れる頻度が増えるわけです。
じゃ~そうならないために何を打ち出していけばいいのか。

町田らしさ?これは今もノーアイディアです(笑)町田らしさはコールリーダーという一人の人間が考えて、先導して作って行くものではありません。みんなで考えて、みんなで行動して、そこで積み重ねて作り上げていくものだと思います。
これまでこのクラブに関わった人達、今関わっている人達、そしてこれから関わるまだ見ぬ人達、そういった人達が長年かけてリレーのように繋いで作り上げていくのが“町田らしさ”というものだと思います。そういう点では私も皆さんも、年月関係なくこのクラブの歴史に関わる人達の一人ということです。
まぁ、今ある風景の中でそれを見るのであれば、老若男女問わず応援できる風景が色々な“らしさ”の中の一つなのかもしれません。

Jリーグを観に行かれたことがある方はよ~~く知っていると思いますが、他クラブのサポーターが大規模で野津田にやってくるとホームの雰囲気はまず作れないと思います。
声というのは本当に強い力です。選手間でも声をかけていくことでミスを減らしたり、さらには凄い連携プレーを生み出したりするわけです。
そういう意味で、声による応援の部分、そして音(手拍子など)による応援の部分を考えていこうと思いました。

今季、応援を構築する上でコールリーダーとして5つのステップを考えました。

1:ホームで応援をする上での中心となるコア=核となる集団を形成する。
2:1で形成されたコアがアウェイでも形成できるようにする。

1と2については天皇杯甲府戦で試合前のミーティングでお話しました。
ここからは残りの3つ。

3:どんな状況でも最後の笛が鳴るまで諦めない精神を集団として出していくこと。
4:ホーム時のゴール裏の声出しサポーターの人数を大きく増やすこと。
5:4で形成したものをアウェイでも出せるようにする。

1と2についてはゴールデンウィークぐらいには達成。しかし3が本当に難しかった。
これは経験によるところが大きいため、地域決勝の矢崎戦のような試合を実際に見たことのある人でないとなかなか難しい。私は町田の地域決勝とは無縁でしたが、Jクラブを応援していた時にこういう経験はいくらでもあるので、経験値として持っています。
ですが、経験を伝えることはできても、実際に肌で感じないとそんじゃいざ行動!となったときに、それを出すのは至難の業だったりします。
これができずに苦しんでいるJクラブもいると思います。
しかし、幸運なことに今季は最後まであきらめない怖さも素晴らしさも両方体験できたわけです。アウェイとホームのSAGAWA SHIGA戦で(笑
どんなときでも信じていれば、必ず報われる。そりゃそうでしょう。何かを一つやったからすぐに報われるのではなく、試行錯誤でも良いのでやり続ければいつか必ず「報われる」にぶち当たるんですから。
どんなときでも信じて、諦めずに支え続けるという“継続”が大事です。

さて、残すところは4と5だけになりました。
これは「Jリーグを目指すため」というよりも「Jリーグに昇格した後」のためです。
昇格して、良かったね!ハイ終わり!ではありません。
今季の残りも厳しい試合が続きますが、来年はJリーグの舞台だとするならば、むしろ来年の方が厳しい。過去Jリーグに昇格したクラブはやはり初年度から低迷している。数シーズンで抜け出すクラブもいますが、大半が今でも中位から下位で苦しんでいる。町田だってその流れに陥る可能性はゼロではない。
そうなったときに、昇格を目指す動きとは別ベクトルで応援をするという部分を強くしていく必要があると思いました。
Jリーグ昇格という流れは長い年月を経ていますし、多くの人達が苦労を重ねてきました。しかし、“昇格のための流れ”は昇格と同時に終わります。
でも試合は違う。いつの時代もレベル差はあっても、常に行われてきましたし、今後も町田の試合はあります。そして今はもう観客が100人もいなかった時代ではなく、千人単位の人が訪れる時代です。そして、いずれは万単位の人が試合に訪れる時代なっていくはずです。

これまでも度々お話してきましたが、声というのは人間最強の伝達手段だと思っています。
スタンスとか観戦スタイルとかメイン、バックとかゴール裏関係なく、スタジアム全体で選手を後押ししていくのが理想です。それがだいぶ現実となってきているのはスタジアムに通う皆様ならわかると思います。
大規模で野津田にやってくるJリーグのアウェイサポーターを相手にしても、スタジアム全体で押す雰囲気を作るために、全てのスタートであるゴール裏エリアからの声援はとても重要な要素です。

1、2、3とステップを踏んでいき、これでベースとなる最低限の必要事項は揃ったと思います。
昇格のためだけではなく、その先も見越した応援の規模をそろそろ構築していきませんか?特に「あの中に入ってみたいけど・・・」みたいな感じのサポーターの方も多少なりともいると耳にしております。
いつだってこのクラブを支えてきたのは、勇気を出して、動き出してきた人達です。
スタンスや観戦スタイルの違いは重々承知の上です。

スタジアムの盛り上がりは、大きな力を生み出します。
その大きな力は選手やクラブだけではなく、サポーター自身にも大きな感動や力を与えます。
そしてそれらは回収できるのかどうかもわからないのに二十億円以上を費やすことを決定してくれた町田市への貢献に間違いなく繋がります。
盛り上がるところには人が集まり、そこで商売できるなら経済が潤いますからね。決して心の豊かさだけじゃないですよ、サッカーは。
それこそが応援を通した“町田のため”です。

僕らは呼び掛けるところまでしかできません。これ以上は強制に繋がりますから(苦笑
まぁ、応援が好みではないとか人それぞれ考えはあるかもしれませんが、そこは今後の課題としてそういった意見を持つ方とも一緒になって試行錯誤を繰り返していきたいと考えていますんでね。

アウェイ讃岐が終わった今、選手に4位以内を求めるだけではなく、そのためにも、そして今後のためにも、サポーターもどんな相手でも選手を声援で支えられるように歩みを進めていきましょう。
今季、アウェイ1試合含めラスト4試合です。
是非、町田とゼルビアとサッカーを愛するみんなで、俺達の町田の最高の雰囲気を作って、クラブと町田を支えていきましょう。

このブログを通しての私の皆さまへの訴えかけ、呼びかけはこれがラストになると思います。あとは現場でやったるだけです!
それでは、ゴール裏でお待ちしております。

~ CURVA MACHIDA コールリーダー ユウ ~
スポンサーサイト


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

 琉球戦について

どもども。

滋賀に遠征された皆さん、お疲れさまでした。

選手もですが中2日間での試合開催となります。
相手は一日多く休みがありますが、ホームである以上は中一週間以上の方も中2日間の方も元気出して相手のやりづらいホームの雰囲気を作って、上位相手に連勝を収めている琉球を迎え撃ちましょう。

先の記事のコメントにもご意見とご心配を頂戴しておりますが、「全ては町田のため・ゼルビアのため」という考えがあります。
なかなか気の利いたコメントを返せないことの方が多いですが、皆さんが席種・性別・年齢問わずに町田とゼルビアを盛り上げたいと考えての上でのご意見だと思っています。
すでにある雰囲気をさらに良くしていくためにゴール裏での声出しだけではなく、メインやバックでの手拍子など行動をしていただいている、あるいはこれからもしていただけるとゼルビアと町田を愛する仲間として信頼しております。

選手はピッチの中で頑張ってもらい、サポーターはスタンドの中で選手の後押しとなるような、あるいは初めて来る人を惹き付けるような雰囲気を作っていければと思います。
まぁ、まだまだクラブも我々グループも発展途上なので、色々と試行錯誤をすることを恐れてはいけないし、完成形というのはないはずです。
存在し続ける限り、試行錯誤を続けてちょっとずつ形を作っていく物であると考えています。

そういった雰囲気を作る上で大事な役割となるコールやチャントのスタートはコールリーダーである私からですので、開幕戦以上にガンガンやっていきたいと思います。声出し及び手拍子の方を宜しくお願いします。

まぁ、私はゴール裏の人間ですので、毎度お馴染みのお誘いしかできませんが、ゴール裏にて一緒に声を張り上げて応援してくれる方、ゴール裏の真ん中「CURVA MACHIDA」の横断幕が張られたエリアにてお待ちしております。
硬い文章になりましたが、気軽に来て下さい(笑

以上、宜しくお願い致します。

~ CURVA MACHIDA コールリーダー ユウ ~




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

 さぁ、、フットボールを楽しみましょう!

どもども。
ユウざんす。

CURVA MACHIDAの結成以降で4代目コールリーダーになります。
まぁ、気の利いた事は特に言えませんが、宜しくお願い致します。

さて、、、非常に難しいシーズンの始まりです。
一つは震災のこと。そしてもう一つは町田を取り巻く環境のこと。

震災については、もう一人一人ができることを協力してやっていくしかありませ
ん。
最近、震災当初の頃に比べて募金活動や物資救援活動はだいぶ世間的には落ち着
いてきているようですが、実際現地としてはまだまだ必要な状態です。
この前すでに募金したから~とか、もう先日に救援物資を送ったから~ではなく
、向こうがもう大丈夫です!と復興する時まで、まだまだ続ける必要のあること
だと思います。
情報が入ればその都度活動や告知を行っていきますので、今後も継続してご協力
の程よろしくお願い致します。


さて、町田のこと。
これまでも機会があればお話して参りましたが、町田がJ昇格を狙う上で非常に未
確定なことが多すぎるのが現状です。
一番の問題はスタジアム。これが「改修されたスタジアムが無いとダメだよ~」とな
るのか、あるいは「改修が確約されるのなら1年は流浪の旅になるけどJ昇格OK」が出
るのか微妙なところです。
これはすぐすぐには返答は出ないと思います。町田市議会のこともありますから


しかし、ここで重要なのはJリーグ昇格がFC町田ゼルビアの価値なのか?ってこと
です。
まぁ、価値の一つなのかもしれませんが、全てではありません。
去年のように昇格が消滅した後もこのクラブは盛り上がっていました。
それが一つの答えだと思います。

どうなるかわからない物を期待するよりも、まずは自分たちでできること、そし
て楽しめることをやっていきませんか?
もし何のモチベーションもなく、毎試合をただ過ごしていくだけでは、何の発展
にも繋がりません。
例えばの話ですが、仮に後半の方になってから昇格OKが出たとして、昨年のよう
な友人知人を誘う活動をしていなかったら、それが致命的なツケになる可能性は
十分にあると思います。

これまでやってきたことの継続や新しく試みること含め、やれることはガンガンやっていきましょう。
無駄になることはありません。
必ずどこかでプラスに働くはずです。

さて、これも昨年から呼びかけを行っていますが、良かったらゴール裏に来てみ
て一緒に声を出して応援してみませんか?
スタジアム全体でホームの雰囲気を作って選手の後押しをしていきましょう!と
は言うものの、そういう雰囲気はゴール裏から始まります。
人間の最強の意思伝達手段である“声”を使うわけですし、選手の背中を押して
やれる視点、あるいはエンドが変われば選手をゴールへと呼び込む気持ち・雰囲
気を味わえるのは座席の位置的にゴール裏の特権だと思います(笑

お試しでも全然構いません。ダメだと思えば元の観戦スタイルに戻せば良いんで
す。たったそれだけのお話です。初めていきなり中の方に入るのはちょっと・・
・という方は、集団の端の方からスタートしてみるのもありです。
私だって昔某Jクラブの応援を始めた時は集団の超外からスタートしてました。
自分に合った観戦スタイルを見つけてもらえればそれで良いですし、その検討材
料にたまには声出しの応援ってのも加えてみて下さい。

特に明日は旗の海企画をやりますので、非常に人手が必要となります。
1ヶ月以上延びてしまったとはいえ、重要な初戦をみんなで盛り上げていきましょ
う。
非常事態の時こそ一致団結です。

また話が変わりますが、選手の調子が良い時はガンガン乗っかって行きましょう
。結果が出ている時は楽しい時です。しかし一試合の中でもシーズンの中でも必
ずどこか調子の悪くなる時間帯・時期はやってくるもんです。そういう時はサポ
ーターがガンガン盛り上げて、再び好調の波に乗せていけば良いんです。
まぁ、何が言いたいかと言うと、、、良い時も悪い時もいつどんな時でも最後ま
で楽しんだ者こそがシーズン終わった時に王者に輝いている、、、と思うわけで
す。

サッカーはもっと自由で楽しいものであるべき。
もちろんルールは守った上でですがね。


愛してやまないサッカーを、ゼルビアを、そして町田をみんなで楽しんで行きましょう。


ではでは。

~CURVA MACHIDA ユウ~


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

 チャント・コール案の御礼

急なご連絡だったにも関わらず、この二週間で多くの方々から新規コール・チャントのご提案をいただき、誠にありがとうございました。

頂いた案の中で導入に至らなかった物も全て、案のストックとして蓄え、今後のコール・チャントなど応援の参考にしていきます。
ありがとうございました。

また2011年シーズンより導入することとなったコール・チャントについては、3月6日(日)に予定しております清掃活動後の応援練習にて発表致します。
今季も昨年同様に声と手拍子で盛り上げようとお考えの皆様、そして今季から初めてゴール裏に行って声を出して応援してみようとお考えの皆様、是非この機会にご参加いただければと思います。

なお、今シーズン開幕から導入するコール・チャント案については、2月28日で一度締め切らせていただきますが、応援に関するご意見・ご提案については常時お待ちしておりますので、いつでもご連絡いただければと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

~ CURVA MACHIDA - ユウ - ~

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

 佐川戦と最終戦に向けて

まずはじめに、ホーム最終戦後に行われたセレモニーの最後の場面では、皆さんの気持ちを代弁しようと思ったのですが、グダグダになってしまい代弁どころか寒い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

さて昨日はこの1年の感謝の気持ちを込めて、登録されている全選手(現在地域決勝で頑張っている飯塚選手を含む)をはじめコーチ・監督に対してのチャントや、決起集会の場においてスポンサー様チャントを歌うことによって、皆さんの気持ちを伝えられたのではないでしょうか。
また鳴り物禁止という環境下にあっても、麻溝を大きな声援で包むこたができたのも皆さんのゼルビアを勝たせたいという情熱があればこそだと思います。

本当にありがとうございました。

ただ今シーズンは、まだ1試合残っています。
滋賀県・・遠いですよね。
でも、来年も誰一人欠けることなく同じメンバーかといえば、悲しいかなそれは叶わないでしょう。
今のメンバーで試合に臨む、今シーズン本当に最後の試合です。
行かないと心に決めてしまった皆さん、どうしようかなと思案されている皆さん。
もやもやの残る試合が見納めのままでは精神衛生上良くないのでは?

今シーズン最後の戦う彼らの後押しをし、皆で勝利を掴みとりましょう!


~コールリーダー・工藤~






-->
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
コンテンツ
CURVA MACHIDAとは?

チャント・コール集

小学生以下のサポーターの保護者様へ

バナー
FC町田ゼルビア公式サイト

町田市公式サイト

CURVA MACHIDA公式サイト

ポイ捨て禁止
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。